フリーターの履歴書・職務経歴書対策

MENU

フリーターの履歴書・職務経歴書対策

履歴書や職務経歴書を書く時、特に正社員を目指している人にとっては、履歴書や職務経歴書を書く時、特に正社員を目指している人にとっては、自分がフリーターをしていたということになんとなく気後れしてしまうのではないでしょうか。でも、フリーターとして働いていたことを隠そうとしたりはぐらかしたりする必要はありません。本当にやりたい仕事が見つからなかったから、その期間、フリーターとして働いていた、などの理由をしっかりと説明すれば、必ずしもマイナスポイントとみなされることはありません。履歴書や職務経歴書に関しても、どのようなところで何をしていた、というアバウトな情報だけでなく、例えばアルバイトリーダーをしていたとか、店長のそばでマナーや接客をしっかりと学んだ、などの企業側が注目してくれるポイントがあるはずです。また、もし何箇所かの職場を点々としていた人なら、なぜ仕事を変えたかを明確に書いてしまった方が企業からの印象が良いと思います。
この職場に居た時にこんな経験を積みたいと思った、とか、もっとしてみたいことが見つかったなどの理由が必ずあるはずです。もちろん、明らかにマイナスにとらえられるようなことをわざわざ書く必要はありませんが、職務経歴書はできるだけ細かく書いた方が良いとされています。